/

【2022年】実力のある大手Webコンサルティング会社5社をプロが徹底比較!料金の相場や選び方も併せて解説

3881 Views
/

「Web集客を加速させるためにWebマーケ施策を見直したいので、Webコンサルティングに興味がある」

「Webコンサルティング会社をどう選べばいいのか、また実際に何をしてくれるのか気になる」

「最終的に利益をしっかり伸ばせる力を持ったWebコンサルタントを探している」

この記事では、そのような方に向けて、図解を交えてWebコンサルティング会社のサービスについて紹介します。また、Webコンサル会社ならではの観点で、おすすめのWebコンサル会社を様々な指標で徹底比較・紹介します。必要な費用相場やメリット・デメリットなどについても詳しく解説。

Webコンサルティングを依頼しようと検討している方はこの記事を読めば、Webコンサルティング会社の選び方や費用を理解できます。コンサルティングを依頼する際に非常に役に立つ情報が手に入るので、ぜひ最後までお読みください。

この記事でわかること
  • Webコンサルとは?発注したら対応してもらえる業務
  • おすすめのWebコンサルティング会社5選
  • Webコンサル会社の選び方やメリット・デメリット

また、弊社ではWebに関するあらゆる課題解決に関して、無料でお見積もり・ご相談をお受けしております。

ビジネスオーナー目線で課題解決のご支援ができるコンサルタント・ディレクターが対応いたしますので、気になる方はぜひ下記のボタンをクリックしてお問い合わせください。

▷ 今すぐPPP社に無料相談する

目次

Webコンサルとは?仕事内容やWebディレクターとの違いも解説

インターネットの急速な発展により、企業の戦略においてWebからの売上を立てることは非常に重要になりました。また、Webサイトだけで売り上げを立てている企業も多く、いかにWeb上でユーザーを獲得するための施策を打てるかという必要性も高まっています。

そこでパフォーマンスを発揮できるのがWebコンサルタントです。Webコンサルティングとは、「Webに関する課題を解決する」ための相談やアドバイザリー業務を行うことです。そのため、Webコンサルタントは本来、Webに関するあらゆる知識を有していることが求められます。

Webコンサルタントは戦略から構築、運用まで業務を対応可能です。したがって、Webに関する課題をお持ちの方は、Webコンサルティングを行う企業はもちろん、個人のWebコンサルタントに相談することも検討してみましょう。

Webコンサルの業務の対応領域

では実際にWebコンサルが対応可能な業務の領域はどうなのでしょうか。

世の中のWeb上の課題の多くは「集客」にあるため、Webコンサルというと「Webマーケティング」がよく想起されますが、対応すべき領域はそれだけではありません。

WebコンサルはMA(マーケティングオートメーション)からSFA(セールスフォースオートメーション)、そしてCRM(カスタマーリレーションシップマネジメント)まで、対応可能です。すなわち、見込み客獲得など「集客」から実際に販売する「営業」、そして「顧客管理」によるクロスセルやアップセルまで、集客後の活動もコンサルティングの対象となります。

Webコンサルによる課題解決例を制作会社のディレクターと比較して解説

Webコンサルによる課題解決例をご紹介します。

Webサイトの制作を、Webコンサル会社に依頼した場合と制作会社に依頼した場合をそれぞれ想定してみましょう。

Web制作会社はあくまで「Webサイトを制作する」ことをゴールにおいている一方で、Webコンサル会社は「依頼者の課題を解決するために」Webサイトの制作に着手します。

一方で、課題解決を見据えているWebコンサル会社の場合は、Web上のあらゆる領域に精通しているからこそ対応可能な、課題解決のためのすり合わせを行います。

また、弊社ではWebに関するあらゆる課題解決に関して、無料でお見積もり・ご相談をお受けしております。

ビジネスオーナー目線で課題解決のご支援ができるコンサルタント・ディレクターが対応いたしますので、気になる方はぜひ下記のボタンをクリックしてお問い合わせください。

▷ 今すぐPPP社に無料相談する

Webコンサルの費用はどれくらい?見積りの相場を領域ごとに解説

Webコンサルティングを依頼する場合に必要な費用はどのくらいなのでしょうか。

Webに関する専門的な知識を持つ会社に依頼する以上、それなりの費用がかかります。実際の料金に関しては、どこまでの業務を依頼するか、コンサルティングを受けるかによって異なるでしょう。したがって、どこまで自社で完結し、どこからWebコンサル会社に依頼するのかを、自社のリソースと予算を考慮しながら見極める必要があります。

ここでは、Webコンサルティングにおける各領域の費用相場を紹介するので、あらかじめ相場を把握しておき、発注する際の参考にしましょう。

①SEO対策のコンサルティングを依頼する場合の費用

SEO対策のコンサルティングは、単に検索順位を上げてアクセスを増やすことではなく、その結果売上アップに繋げるためのものです。したがって、SEOの観点から見たキーワードの選定だけでなく、それに加えて売上に繋がるかどうかも重要な指標となります。また、売上に繋がるような緻密なコンテンツ設計も必要です。

また、昨今のSEOはテクニカルな部分よりも、顧客のニーズに沿った良質なコンテンツが評価される傾向にあります。

これらをどの範囲まで見てどのくらい改善を依頼するかにもよりますが、SEOコンサルティングの費用相場は月額5万円〜50万円程度である場合が多いです。

SEOコンサルティングの費用相場

月額5万円〜50万円

また、SEOについてより詳しく知りたい方は、「SEOの効果とは?効果が出るまでの期間や相性が良い商材、初心者が押さえておくべき基本施策も解説!」もあわせてご覧ください。

②ホームページ制作を含めたコンサルティグを依頼する場合の費用

ホームページの制作からWebコンサルに依頼する場合、ホームページを作成する目的から逆算して、目的達成のために必要な事項を洗い出すという作業から始まります。

Webコンサルの場合、クライアントの課題や制作目的を見据えたホームページ制作をしてくれるため、予算の無駄なく、売上・利益に直結するホームページの提案書を提示してくれるでしょう。

この場合、コンテンツやページの量、デザイン性などによって料金は大きく異なりますが、Webコンサルティング会社にホームページ制作を含めたコンサルティングを依頼すると50万円〜200万円ほどが相場となります。

ホームページ制作を含めたWebコンサルティングの費用相場

50万円〜200万円

③Webサイトのデータ解析や数値改善などのリサーチを依頼する場合の費用

ホームページなどWebサイトのアクセス解析は、無料のデータ解析ツールやGoogleアナリティクスを使えばご自身でも可能です。しかし、解析をした上で数値を改善するためにデータを活用するためには、Webに関する高度な知識が必要になります。

Webコンサルタントは各分野に精通しているため俯瞰した改善提案が可能である上、複数の企業にコンサルティングして蓄積されたノウハウを提供することも可能です。

この場合、ページ数など解析対象のボリュームや依頼の範囲、すなわちサイト改善の提案書を出して終わりなのか、実際の改善作業・効果検証まで巻き取るのかによって異なります。データ解析・サイト改善の費用としては、簡単なリサーチのみの場合は3万円〜10万円程度、コンサルティングとその後の実行まで依頼する場合は10万円〜50万円程度であることが多いです。

データ解析・サイト改善の費用相場

3万円〜50万円

④マーケティングや経営などの戦略立案や売上アップを依頼する場合

マーケティングや経営などの戦略立案から売上アップのための細かい施策の実行まで依頼する場合、費用はかなり高くなります。Webコンサルティングの枠を超えて経営全般のコンサルティングにも近い領域も含まれるからです。

また、改善点や問題点の洗い出しに加えて、施策そのものの実行まで依頼すると、専門性の高さやオペレーションコストがかかるなどの理由で費用が上がります。

しかしその分、課題解決が成功し成果が出たときの恩恵は非常に大きく、Web上の戦略のみならず経営自体を改善できる効果が見込めるのは大きな魅力といえるでしょう。戦略立案や売上アップの施策を依頼する場合の費用相場は、月額20万円から規模によっては100万円を超える場合もあります。

戦略立案や売上アップの施策を依頼する場合の費用相場

月額20万円〜(規模によっては100万円を超える場合もあり)

また、弊社ではWebに関するあらゆる課題解決に関して、無料でお見積もり・ご相談をお受けしております。

ビジネスオーナー目線で課題解決のご支援ができるコンサルタント・ディレクターが対応いたしますので、気になる方はぜひ下記のボタンをクリックしてお問い合わせください。

▷ 今すぐPPP社に無料相談する

おすすめのWEBコンサル会社は?大手含め大小5社を料金や得意分野など5つの指標で比較

「Webコンサルティング」などで検索しても、会社が多すぎてよくわからないという方も多いでしょう。

そこで、Webコンサルタントである我々自身が徹底調査し、おすすめのWebコンサルティング5社を下記の5つの指標で独自に5段階評価をし、比較・紹介します。

  • SEO対策
  • WEB制作
  • 広告運用などSEM
  • データ解析や数値改善
  • 料金

Webコンサルティング会社の発注を検討している方は特にお役立てください。

【番外編】PPP株式会社|WEB上のあらゆる領域から最適な課題解決を提供するWEBコンサル会社

PPP株式会社はWebコンサルティングを主軸に、Webサイト制作、Webコンテンツ制作などをハンズオンで支援している会社です。お客様それぞれのご状況に合わせた最適な施策提案を行っており、各領域に精通したパートナーとの連携によりハイレベルなご支援をさせていただきます。

設立4年目と創業間もない会社ですが、その分柔軟性に富んだ施策出しから実行支援まで対応可能です。クライアント様の利益最大化から逆算した課題解決を心がけており、”ビジネスオーナー目線の施策提案”にご好評いただいています。また、システムやアプリの開発なども対応可能です。

【おすすめポイント】

  • 業務委託でのパートナーとの連携により、大手Webマーケ会社のクオリティをより現実的な価格で実現可能
  • Web制作や広告運用、SEO対策から営業まで、数多くの事業立ち上げに携わる中で培われたノウハウを多数保有
  • 利益最大化から逆算した戦略設計により、ビジネスオーナー目線での課題解決が可能

【会社概要】

本社所在地 東京都中央区銀座1-22-11 銀座大竹ビジデンス 2F
代表者 代表取締役 岩野圭佑
設立 2019年4月13日
従業員数 約100名(業務委託を含む)
事業内容 Webコンサルティング
Web制作、システム・アプリ開発
Webコンテンツ制作
Webメディア運営
支援事例 ①美容クリニックの集客支援:【完全保存版】クリニックの集客方法を実例付きで解説!驚きの集患術から費用感まで、成功法則を教えます。
②DtoCブランド立ち上げ支援:【初心者必見】ブランド立ち上げを成功させるためのポイントは?「USP」が大事な理由を成功事例で解説!
③アパレル系ECサイト集客支援:【最新版】アパレルECサイトの集客方法|SEO対策とYouTubeでの成功事例を紹介
④Web広告を中心としたECサイト集客支援:【実例付き】ECサイトの集客方法は?改善方法や効果のあった事例も紹介

【オリジナル評価】

また、弊社ではWebに関するあらゆる課題解決に関して、無料でお見積もり・ご相談をお受けしております。

ビジネスオーナー目線で課題解決のご支援ができるコンサルタント・ディレクターが対応いたしますので、気になる方はぜひ下記のボタンをクリックしてお問い合わせください。

▷ 今すぐPPP社に無料相談する

①アイ・エム・ジェイ|アクセンチュアの子会社のデジタルマーケティング企業

引用元:アイ・エム・ジェイ公式HP

アイ・エム・ジェイはアクセンチュアの小会社となり話題になったデジタルマーケティング企業です。Webインテグレーション&マーケティングの業界大手であり、制作系が主軸となります。

各専門領域を担当するスペシャリストが多数在籍しており、企画や制作だけに留まらず一連のサービスをワンストップにて提供可能です。オウンドメディアマーケティング、データドリブンマーケティング、UX&プラットフォーム戦略、これらを用いて投資対効果の最適化や価値の最大化を行ってくれます。

【おすすめポイント】

  • Web制作だけでなく、カスタマージャーニーやペルソナ設計、UI/UXまでがっつり対応
  • 大規模なプロジェクトが得意なので、しっかり予算かけてWeb制作を依頼したい方におすすめ
  • 日本コカ・コーラ株式会社など大手の実績あり

【会社概要】

本社所在地 東京都港区三田1-4-1(住友不動産麻布十番ビル9F)
代表者 代表取締役会長 立花良範
取締役社長 兼 CEO 黒川順一郎
設立 1996年
資本金 約43億円
(アクセンチュアホールディングスの100%子会社)
従業員数 572名 (2020年6月1日時点)
事業内容 Webサイト構築、デジタルマーケティング事業など

【オリジナル評価】

②電通デジタル|電通によるデジタルマーケティング企業

引用元:電通デジタル公式HP

電通デジタルは大手広告代理店の電通が設立したデジタルマーケティング企業です。デジタルマーケティングのコンサルティングから、開発・実装、運用まで顧客の成果を最大化するサポートを提供しています。

大手ならではの蓄積したかこのビックデータをもとに分析・解析をしてくれ、10種類以上にも及ぶオリジナルのデジタルマーケティングツールを保有していることが強みとなります。顧客体験や消費者行動を意識したソリューションの提供が得意です。

【おすすめポイント】

  • 大手の経験を活かした戦略設計など高水準のコンサルティングを提供
  • オリジナルのデジタルマーケティングツールを使用
  • データドリブンによる分析・戦略策定や顧客体験をもとにした最適&最新のクリエイティブを含むマーケティング改善が可能

【会社概要】

本社所在地 東京都港区東新橋1-8-1(電通本社ビル内)
代表者 代表取締役社長執行役員 川上 宗一
設立 2016年7月1日
資本金 4.4 億円
従業員数 1,919人(2021年7月1日時点)
事業内容 デジタルマーケティングの全ての領域に対する、コンサルティング、開発・実装、運用・実行の提供

【オリジナル評価】

③サイバーエージェント|SEO対策や広告運用が主軸のWEB系最大手

引用元:サイバーエージェント公式HP

サイバーエージェントは言わずと知れた国内売上No.1のネット広告代理店です。インターネット広告事業だけでなく、メディア事業、ゲーム事業、スタートアップ事業など幅広く手掛けている大手企業です。

広告運用やアドテクなど総合的なネット広告のサポートだけでなく、SEOなど運用メディアをはじめ、SNSを駆使したWebマーケティングの企画提案まで顧客の課題解決に必要な企画力や効果測定ツールも兼ね備えています。

【おすすめポイント】

  • ネット広告代理店No.1で広告効果を最大化する運用力に定評あり
  • SEO研究機関「サイバーエージェントSEOラボ研究室」を保有しており、SEO対策も万全の企業
  • 比較的小規模なプロジェクトも対応可能

【会社概要】

本社所在地 東京都渋谷区宇田川町40番1号 Abema Towers
代表者 代表取締役 藤田 晋
設立 1998年3月18日
資本金 7,203百万円(2020年9月末現在)
従業員数 1,602名(2020年9月末時点)
事業内容 メディア事業
インターネット広告事業
ゲーム事業
投資育成事業

【オリジナル評価】

④オプト|広告運用が主軸の大手WEB系企業

引用元:オプト公式HP

オプトはインターネット広告の運用を中心に、マーケティングやソーシャルメディア関連の事業を提供しているデジタルマーケティング企業です。データ分析も得意分野で、データを活かした自動入札により、SEMパフォーマンスを最大化する運用を提供しています。

国内No.1ともいわれる広告測定ツールと最新のSEM最適化ツールにより、広告運用を全体個別最適化してくれます。大手として、リスティング広告・ディスプレイ広告・アフィリエイト広告など、各種のインターネット広告運用を網羅しており、最適なソリューションを提供してもらえるでしょう。

また、業界2位の大手企業にも関わらず比較的低単価な案件から発注可能であることも大きな特徴の一つといえます。

【おすすめポイント】

  • 国内No.1ともいわれる広告測定ツールと最新のSEM最適化ツールを駆使した広告運用
  • 専任のコンサルタントが最適化を分析
  • 低単価でも発注可能

【会社概要】

本社所在地 東京都千代田区四番町6 東急番町ビル
代表者 代表取締役社長CEO 栗本 聖也
設立 2015年4月1日
資本金 1億円
従業員数 約750名
事業内容 マーケティング事業

【オリジナル評価】

⑤セプテーニ|データサイエンスにも強い大手WEB広告代理店

引用元:セプテーニ公式HP

セプテーニは主にデジタル広告をはじめ、データ、AIを活用したソリューションの提供などを通じて、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)の総合的な支援をするデジタルマーケティング企業です。具体的には、広告運用を軸に顧客のビジネス成長に向き合った総合的なマーケティング支援を行っています。

特徴としては、クリエイティブのPDCAに長けており、昨今重要なスマホやソーシャルメディアに強いソリューションを提供しています。LPやHPなども内製化して制作しており、SNS広告やアプリ広告にも強いです。

また、動画広告にも力を入れておりシナリオ設計など動画制作から広告運用までトータルでサポートしてくれます。

【おすすめポイント】

  • クリエイティブのPDCAに長け、広告制作物も内製化
  • 市場拡大中のアプリ・SNS広告にも強い
  • 動画広告などインフィード広告にも力を入れている

【会社概要】

本社所在地 東京都新宿区西新宿8-17-1 住友不動産新宿グランドタワー28F
代表者 代表取締役社長 清水 雄介
設立 2006年10月
資本金 300百万円
従業員数 1,447名(2020年9月末時点)
事業内容 デジタルマーケティング支援事業

【オリジナル評価】

Webコンサルのメリット3選|上手に活用して事業を改善しよう

ここまでご紹介したようにWebコンサルティングに必要な料金は決して安くはありません。しかし、その分Webコンサルティングに依頼するメリットは大きいです。Web上施策を進めるにあたって必要となるスキルやノウハウは幅広く、自社内のリソースだけで完結することは難しいのも事実です。

ここでは、Webコンサルティング会社に依頼するメリットを3つ紹介します。

①採用費が抑えられる

まず初めに、採用費が抑えられるというメリットがあります。優秀なWeb担当者の採用には、場合によっては数千万かかることもあります。多くの中小企業では、専門のWeb担当者を採用することに資金面で苦労しているというのも事実です。

そこで、Webコンサルに業務を依頼することで、「採用費ゼロ」で「月額」でプロに依頼できるというのはかなりお得だといえるでしょう。

②ノウハウを安く買える

Web上の施策を自社内で完結させようとする場合、担当者の専門的な知識や経験が必要となります。しかし、その専門的な知識や経験を自社内で蓄積し、教育することはかなりの時間やコストがかかります。

そこで、Webコンサルティング会社に業務を依頼し、短期間・スポットでの対応をしてもらうとで、他社の事例など含めWebコンサル会社の保有している多くのノウハウを買うことができます。社内担当者の教育に活用できたり、内製化前提でコンサルティングを依頼することで担当者の学習コストを削減できるということも大きなメリットといえるでしょう。

③売上や利益にコミットしてくれる

SEOコンサルや制作会社、広告運用代行などWebマーケを提供するだけの会社と比べて、Webコンサルは「流入さえ向上できればOK」「サイトさえ作れればOK」という考えは許されません。

つまり、Webコンサル会社に依頼することで、Web全般の知見を駆使して売上や利益にコミットしてもらえる、という大きなメリットもあります。

Webコンサル会社の選び方は?デメリットや注意点を3つご紹介|予め把握することでミスマッチを防ごう

逆に、Webコンサルのデメリットは何があるのでしょうか。ここではWebコンサルのデメリットや注意点に加えて、依頼先の選び方も解説します。

実際にWebコンサルティングを依頼するにあたり、そのデメリットや注意点を把握しておくことは重要なので目を通しておきましょう。

①課題と得意領域がマッチしないコンサルタントに依頼してしまう

WebコンサルタントはWebに関するあらゆる領域をカバーしている一方で、それぞれに得意領域があります。したがって、自社の課題と得意領域がマッチしていないコンサルタントに頼んでしまう可能性があるというリスクが存在します。

例えば、課題に対して広告運用が課題解決の近道のはずが、SNS運用が得意なコンサルタントに依頼してしまうことで、SNS運用に予算を投下してしまうなどの可能性があります。

したがって、あらかじめ自社の課題や達成目標をしっかり共有し、様々な可能性から施策選定してくれるコンサルタントを選ぶようにしましょう。

②施策出しで終わって実行が伴わないコンサルタントに依頼してしまう

Webコンサルタントの中には、施策出しで終わって実行が伴わないコンサルタントが存在するのも事実です。施策出しがうまくいっても、実行が伴わなければ費やした予算や時間が無駄に終わってしまいます。また、結果が出るまでと言ってコンサル費用が発生し続けてしまうという事態にもなりかねません。

Webコンサルタントに依頼する際は、実行支援まできちんとしてくれるコンサルタントをしっかり見極めて選びましょう。

③売上や利益を見てくれないコンサルタントに依頼してしまう

また、中には売上や利益を見てくれないコンサルタントも存在します。そのようなコンサルタントに依頼してしまった場合、費用対効果が著しく悪くなる可能性があり、さらには予算の無駄に終わってしまう場合もあります。

月額制コンサルティングは成果報酬制でない以上、一定は仕方がありません。しかし、売上や利益から逆算して施策立案できないコンサルタントは無価値といってもいいでしょう。そこで、「事業計画を引いたことがあるか?」「自分で事業を作ったことがあるか?」といった点を事前に確認し、売上や利益を見据えた施策出しをしてくれるコンサルタントを選びましょう。

まとめ:webコンサルへの理解を深めてから依頼しよう

この記事では、Webコンサルの概要からその費用相場、おすすめのWebコンサル会社などを紹介しました。この記事をまとめると、下記のようになります。

コンサルティングの外注を検討している場合は、自社内のリソースや自分たちの保有しているWebマーケティングのノウハウなどを考慮した上で、判断することが必要です。

  • とにかくWeb施策を通じて「売上/利益」を上げたい
  • Web施策を打ちたいが、まず何をしたらいいか分からない
  • 色々Webの施策を打ってはいるが、施策に一貫性がなく、効果も不明
  • 色んな業者に発注しており、とりまとめが大変
  • 社内にWeb担当者がおらず、Web担当者ごと外注したい
  • 社内にWeb担当者がいるが、外部のエキスパートに一定期間教育してもらいたい

特に、これらのお悩みを抱えている会社の方は一度Webコンサルティングを依頼することを検討してみてください。

弊社ではWebに関するあらゆる課題解決に関して、無料でお見積もり・ご相談をお受けしております。

ビジネスオーナー目線で課題解決のご支援ができるコンサルタント・ディレクターが対応いたしますので、気になる方はぜひ下記のボタンをクリックしてお問い合わせください。

▷ 今すぐPPP社に無料相談する

Related
Popular