/

【最新版】アパレルECサイトの集客方法|SEO対策とYouTubeでの成功事例を紹介

314 Views
/

「アパレルECの市場規模やEC化率を知りたい」

「アパレルEC集客を成功させるためのポイントや課題を知りたい」

「アパレルECでの成功事例を参考にしたい」

このような方に向けて、Webコンサルティングを提供している弊社がアパレルECノウハウを詳しく解説します。この記事では、アパレルECの成功事例を元に制作しているので、具体性の高い内容になっています。

この記事でわかること
  • アパレルECの種類
  • アパレルECの市場規模とEC化率
  • アパレルECを成功させるポイント
  • アパレルECの成功事例

本記事では上記の内容を解説しています。これからアパレルECで売上を上げたい事業者にとって役立つ情報が満載なので、ぜひ最後までご覧ください。

アパレルECの種類

まず、アパレルECの種類にはどのようなものがあるのかを把握しましょう

  1. メーカーやブランドの直営通販
  2. ファッションモール通販
  3. 個人経営通販
  4. その他(オークション、フリマ等)

大きく分けると4種類に分かれます。上記の種類についてもう少し深掘りしてみます。

①メーカーやブランドの直営通販

1種類目は、比較的大手のアパレルメーカー・ブランドが独自のサイトを作成し、オンラインストアの展開をしているサイトです。

例えば、ファッション・飲食領域で多くのブランドを持っているベイクルーズグループでは、IENAやジャーナルスタンダードなどのアパレルECを運営しています。

このようなメーカーやブランド系のアパレルECでは、独自のキャンペーンやサービス提供を行い、購買者の満足度を向上させる取り組みを行なっています。またオフラインやオンラインの連携として、オムニチャネル戦略やOMO戦略などを取り入れています。

オムニチャネル戦略とは
ECサイトだけでなく、メールやアプリなどのオンライン接点と、オフラインでの接点を連携することで、顧客体験を高める戦略。

OMO戦略とは
オフラインとオンラインの融合。アパレル業界では実店舗でのデータとECサイトのデータを融合することを意味する。

多くのメーカーやブランド系のECサイトでは、オフラインでの購入体験と比較しても大差のないようになってきています。

②ファッションモール通販

2つ目のアパレルECは、様々なアパレルブランドが一つのECサイトに入っているファッションモール型です。

具体的には、ファッション専門に行うZOZOTOWNや他業界も参入している楽天やAmazonなどが挙げられます。

ファッションモール型では、色々なブランドが掲載されているため、多くのユーザーに露出することが可能です。取り急ぎ売上を立てたい事業者はこのタイプのアパレルECを運営するケースが多いです。

しかし、ファッションモール型は、モール独自の仕様があるため、ブランディングがしにくいというデメリットがありますそのため、ブランド価値を向上させたい高級ブランドはモール型のECサイトに出店しない傾向があります。

③個人経営通販

3つ目のアパレルECは、チェーン展開していない個人事業者が運営するECサイトです。

例えば、チェーン展開はしていないが、実店舗でセレクトショップを運営している方や個人ブランドを展開する方が自前のECサイトを持つ場合はこのタイプに属します。

このタイプのECサイトを立ち上げるためには、デザイン設定、機能構築、運用などのWebに関するあらゆる情報を理解する必要があります。Webに関する知識がない方は、Web制作会社やマーケティング会社に外注して、立ち上げ、運営することが多いです

モール独自のルールに縛られたくない。自分オリジナルのサイトを構築したい方は、このタイプのアパレルECサイトを構築することをおすすめします。

④その他

アパレルECには、メーカーやブランド、ファッションモール、個人経営以外にも下記のような種類が存在します。

・ネットオークション:「ヤフオク」など
→個人がオークションの形式で購入金額を決定していく方式
・フリマアプリ:「メルカリ」など
→出品者が値段を決めて販売する形
・サブスクリプション:「ラクサス」など
→月額の費用を払うことで、トレンドに沿った服が届く

アパレルECの市場規模とEC化率

ここまでで、アパレルECの種類について解説してきました。ここからは、アパレルECの市場規模やEC化率などの「今後のECがどうなるのか」について解説していきます。

アパレルECの市場規模

アパレルECの市場規模とEC化率は下記のように成長しています

市場規模 EC化率
2016年 1兆5,297億円 10.93%
2017年 1兆6,454億円 11.54%
2018年 1兆7,728億円 12.96%
2019年 1兆9100億円 13.87%
2020年 2兆2,203億円  19.44%

過去5年間の統計でもアパレルECの市場規模とEC化率は順調に成長していることがわかります。2020年の急伸には下記の要因が含まれていると考えられています。引用:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/statistics/outlook/210730_new_hokokusho.pdf
※EC化率:全商取引のうちEC市場で取引される割合を示す指標
※市場規模、EC化率ともにアパレル領域の数値

・コロナ禍により、ECサイトの利用率が高まった
アパレルECに関連するMAツールやコンサル会社が増えてきた
・アパレルECを展開するブランドが、ECサイトへの投資金額を増やしている
・実店舗とECサイトの統合が進んできたため、ECサイトの利便性がアップした

中でも、コロナによる影響は大きく、実店舗での購買意欲が下がったことで、ECのユーザー数が増えていったと考えられています。

アパレルECの市場流通総額ランキング

アパレルECの市場流通額ランキングは下記のようになっています。

順位 ブランド名 流通額
1 ユニクロ  832億円
2 ベルーナ 707億円
3 QVCジャパン 575億円
4 ジュピターショップチャンネル 477億円
5 千趣会 427億円

引用:https://apparel-web.com/news/tsuhanshinbun/200825
※流通額:そのプラットフォームで消費者が購入した商品の売上の合計額

アパレルECにおいて、No.1はユニクロでした。ユニクロでは、オンライン限定商品を販売したり、オフラインで売り切れたものに関しては、オンラインでの購入を促したりなど様々な販売戦略が行われたことがNo1になれた要因だと考えられています。

アパレルECモールの売上高ランキング

アパレルECモールの売上高ランキングは下記のようになります。

順位 モール名 売上高ランキング
1 ZOZOTOWN 4,194億円(2020年度)
2 クルーズショップリスト 271億円(2020年度)
3 マガシーク 239億円(2020年度)
4 ロコンド 102億円(2020年度)
5 丸井 86億円(2020年度)

※注意点:Amazonや楽天、Yahoo!はファッション部門の売上を公表していないため、当ランキングには掲載しておりません

この数字を見ると、ZOZOTOWN一強であることがわかります。2位〜5位の計4社を合計してもZOZOTOWNの数字には届きません。

ZOZOTOWNでは、ファッションコーディネートアプリ「WEAR(ウェア)」を運営しており、多くのユーザーを抱えています。

コロナ禍におけるアパレルECの現状

コロナ禍で、アパレルEC業界は急成長しました。しかし、ECサイトによってはコロナ禍で大ダメージを受けたサイトもあります

具体的には、アクセス急増に耐えられないサイトやUIが悪いECサイトはコロナ需要があるにも関わらず、ECサイトの売上をうまく伸ばすことはできなかったでしょう。

また、コロナ需要があるにも関わらず、適切な集客施策を打てていないアパレルECも苦戦しています

今後、コロナ関係なくアパレル業界もデジタルシフトの動きが早まります。そのような時代に対応できるECサイトを今から準備しましょう。

アパレル・ファッションECの課題

ここからは、アパレル・ファッションECサイトを運営している方がよく抱える課題について解説していきます。

  1. EC構築
  2. モール依存
  3. EC集客が難しい

 

①EC構築

アパレルECの課題として「EC構築」が挙げられます。しかし、以前に比べると比較的簡単にECサイトが構築できる時代ではあります。

例えば、有名なECカートには以下のようなものがあります。

  • カラーミーショップ
  • ストアーズ
  • BASE
  • Shopify
  • MakeShop

上記のカートであれば、簡単にアパレルECを構築することができます。しかし、上記のサービスでは独自の機能や独自のデザインなどを実装することは難しいです。

そのため、ECサイトを構築するとなると、結局は専門家に依頼するしかないため、EC構築は大きな課題になってしまいます。

②モール依存

アパレルECの課題として「モール依存」も挙げることができます。

モール依存とは、ZOZOTOWNや楽天などをプラットフォームの力で販売している状況を意味しています。自社ブランドに集客力がないと、モール依存の状態に陥りやすいです。モール依存が続くとプラットフォーム手数料分だけ利益が削られたり、ブランド価値の醸成にも繋げにくかったりするので、早いうちからモール依存脱却できるように動きましょう

具体的には、自社オリジナルのアパレルECサイトを立ち上げる。その後、ブランディングを行い、ブランド価値を高める。その後、ブランド価値を活かした集客力で商品を販売していく。

アパレルECが目指すゴールとして、上記を参考にしてみてください。

③EC集客が難しい

アパレルECの課題は「自社でのEC集客が難しい」所です

先ほど解説した通り、自社でアパレルECを構築した後は自社で集客施策を行う必要があります。集客方法には、SEO対策、リスティング広告、SNS広告など様々ありますが、自社にマッチした集客施策を選定し、実行・改善していく必要があります。

「とりあえずサイトを作る」までは素人でもできますが、「集客し売り上げを立てる」はそうはいきません。そのため、集客はWebコンサル会社に外注することをおすすめします。

集客面に関して、専門家に外注する際はアパレル領域のノウハウがあるのかどうかを確認しましょう。具体的には、アパレル領域の過去実績を持っているのか聞いてみるのが1番わかりやすいです。

実績の豊富な大手Webコンサルティング会社について詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

【2022年】実力のある大手Webコンサルティング会社5社をプロが徹底比較!料金の相場や選び方も併せて解説

 

「ECサイトの構築だけでなく、集客施策もアパレル領域の知識を持ったヒトに依頼したい、、、」

このような方は、一度弊社にご相談ください。事業の進捗や個々の事情に合わせたご提案をさせていただきます。

▷ 今すぐPPPに無料で相談する

アパレル・ファッション系ECの集客を成功させるために必要なこと

先ほど、アパレル・ファッションEC集客の課題についてお話ししたと思います。

そこで、実際にどのようなことをすればいいのかをここの章で詳しく解説していきます

  1. ブランド価値を高める
  2. 独自のECサイトを構築する
  3. アパレル業界の知見がある業者に依頼する

1つずつ順に解説していきます。

ブランド価値を高める

ブランド価値を高める方法の前に、ブランド価値の目標を設定しましょう。

■目標
・ブランドにリピート客がいる
・他のブランドと差別化されている
・知名度が高く色々な人に認知されている

上記の目標を達成するために、ブランドの特徴やブランドのコンセプトを明確に設定しましょう。その次に、誰の・どんなニーズを・どんな機能で解決するのかを明確化していきます。

強いブランドには「競合他社よりも高く売れる」「宣伝広告費を抑えられる」などの優位性があるので、ぜひブランド価値を高める施策は取り入れてみてください。

独自のECサイトを構築する

ブランド価値を高める施策として、「ブランドを表現したECサイトを構築する」ことが挙げられます。また、独自のECサイトであれば、独自の集客施策を行うことができるので、アパレルECの集客に力を入れたい企業には独自のECサイト構築が推奨されます。

実際に、ブランディングを意識したECサイトを構築する際には、構築前の準備を大切にしましょう。具体的には、市場調査、競合調査やターゲット選定、ブランドコンセプトの設定などです。

事前の準備を行い、どんなブランドにしていきたいのか一貫性を持つことがブランディングを重視したECサイトには必要です。

こういった入念な事前準備をサポートしてくれる業者に依頼したい方は次の章で解説する内容を意識してみてください

アパレル業界の知見がある業者に依頼する

アパレルECサイトの構築に限らず、アパレルEC集客を依頼する際は、アパレル領域の集客ノウハウを十分に持つ業者に依頼しましょう。

ただ、アパレル領域のサイト制作経験があるだけではなく、「アパレルECサイトで成果を出しているかどうか」を重要視しましょう。

過去案件において、
・どういった背景や調査を踏まえ
・どんな施策を打ち
・どんな具体的な成果をあげられたのか

を打ち合わせ時にヒアリングするのがおすすめです。

弊社では、アパレルECサイトの構築から集客まで、実案件で得たノウハウを多く要していますので、専門家への依頼をお考えの場合は弊社へご相談ください。

▷ 今すぐPPPに無料で相談する

アパレルECの集客施策

アパレルECを成功させるためには「集客」を理解する必要があります。中でも下記の3種類はアパレルにおいて重要な集客方法なので、必ず抑えておきましょう。

  1. YouTube
  2. SNS
  3. SEO対策

YouTube活用

アパレルECを成功させるために「YouTube」を活用しましょう。YouTubeを活用するメリットは様々ありますが、大きく分けると下記のようなメリットがあります。

  1. ブランドの世界観が深く伝えられる
  2. 拡散される可能性が高い
  3. 購買意欲を高めながらECに誘導できる

YouTube動画ではこのような恩恵を受けることができます。とはいえ、ただ制作すれば良いのではなく、しっかりと作り込んだYouTube動画を発信していかなくてはいけません。

広告タイプの動画やファッショントレンドを発信する動画などを織り交ぜ、効果的にターゲットへアプローチしていきましょう。

Instagram活用

先ほど紹介したYouTubeに加えて、InstagramもアパレルEC集客に最適なツールです。

なぜなら、Instagramにはアパレル集客に必要な要素が凝縮されているからです。具体的に、「購入意欲の向上(画像によるイメージ想起)」「拡散性の高さ(一般の人がハッシュタグをつけて投稿してくれる)」「利便性(ショッピング機能が実装されてい)」などが挙げられます。

Instagramはいわば、利便性・拡散性を高めたファッション雑誌のようなものなのです。そのため、Instagramを効果的に活用することで、アパレルECの集客は格段に向上します。

■Instagramアカウント例

※弊社運営のアカウントではございません

SEO対策

アパレルECの集客はSNSだけでなく「SEO対策」という集客方法もおすすめです。SEO対策とは、Google検索で検索上位を獲得するための対策です。

アパレルECであれば、まず「ブランド名」で検索して上位に表示されるように設定しましょう。

具体的な施策として「メタ情報の最適化」「hタグの最適化」など専門的な内容が必要です。この部分は専門的な領域なので、知識や経験がない場合は、専門の業者に依頼しましょう。

弊社では、SEO対策のコンサルティングを提供しておりますので、気になる方はぜひ一度ご相談ください。

▷ 今すぐPPPに無料で相談する

アパレルECの成功事例

ここからは、アパレルECの成功事例について解説していきます。実際に、弊社のクライアントがアパレルECで成功した事例を詳しく紹介しています。

  • 市場と企画の徹底調査を前提としたYouTube運営
  • YouTubeを基軸にしたコンテンツ展開
  • WordPress×ShopifyのSEO戦略

市場と企画の徹底調査を前提としたYouTube運営

弊社はクライアントに対して、初期にアパレルと相性の良いInstagramよりもYouTube運営への注力を提案しました。

YouTubeを選んだ理由は下記の通りです。

  • 参入ジャンルのYouTube市場がブルーオーシャンであった
  • 既にInstagramは競合他社が多かった
  • SEO対策は時間がかかる

このような理由から、YouTubeを最初に着手しました。また、YouTube運営がSEOメディアにプラスに働くことも分かっていたことも理由の一つです。

YouTubeに決めてからは、競合他社を徹底的にリサーチしました。企画リサーチ方法はクライアントによって、個々にカスタマイズして決めますが、今回は一般的な企画リサーチ方法の例をご紹介します。

■リサーチ方法(一例)

①そのマーケットの10個以上のKW(テーマ)で検索
②各KWで再生数の多い動画を10個程度書き出す
③上記動画のチャンネルの動画一覧を見る
④最近伸びてる動画を洗い出す

YouTubeを基軸にしたコンテンツ展開

先ほど紹介したリサーチを徹底的に行った後は、実際にYouTubeコンテンツを公開しましょう。

公開後は、YouTubeコンテンツを活用した他媒体への展開戦略がおすすめです。具体的には、YouTubeのコンテンツ内容をブログ、Instagramや音声媒体へと展開する戦略です。

YouTubeコンテンツは、文字や画像・音声などが含まれているので、他媒体への展開がしやすいのです。

ECサイトと集客メディアの同一ドメイン運営

弊社は通常とは異なり、「同一ドメインでECサイトとSEOメディアを構築る」提案を行いました。

通常の場合、アパレルECとSEOメディアは別ドメインで運用します。別ドメインで運用すると、Googleは別々のサイトとして評価をするため、サイトの評価が高まりづらいデメリットがあります

そこで、私たちは英語の文献も参考にしつつ技術的な課題を解決し、アパレルECとSEOメディアを同一ドメインで運用することを可能にしました。具体的には、「WordPressとShopify」を活用した運用方法で、同一ドメインを実現させました。

同一ドメインにすると、被リンク・サイテーション・流入獲得を集約することができるので、SEO対策の効果を最大化できたのです。この施策のおかげで、ほぼ全てのミドルワードで検索順位1位を獲得し、50記事程度で35万PV集めることにも成功しました。

このような事例を持つ弊社にお悩みを解決して欲しいという方は、下記のボタンから一度ご相談ください。

▷ 今すぐPPPに無料で相談する

まとめ:アパレルECは徹底された戦略が鍵を握る

この記事では「アパレルECに関するノウハウ」について詳しく解説しました。

アパレルECを成功させるためには、参入する前に市場調査が鍵を握ります。これから、アパレルECに参入する方は、必ず最初の調査を徹底的に行うようにしましょう。

アパレルECサイト立ち上げの成功がイメージできない方は、ぜひ弊社にご相談ください。

アパレル業界の知識・経験を持ったコンサルタントが、アパレルECの成功までをお手伝いさせていただきます。

▷ 今すぐPPPに無料で相談する

Related
Popular