/

【完全保存版】クリニックの集客方法を実例付きで解説!驚きの集患術から費用感まで、成功法則を教えます。

620 Views
/

「クリニック事業の売上を上げたい」

「クリニック集客・集患を加速させたいが、何を実施すれば良いのか分からない」

「最近の効果が高いオンライン集客・集患のマーケティング手法を知りたい」

このような方に向けて「Webコンサルタントだから教えられるクリニック集客方法」を詳しく解説します。この記事では、実際のクリニック案件で得た知識や経験を交えているので、具体性のある内容になっています。

この記事でわかること
  • オンラインマーケでのクリニックへの集客・集患方法
  • オフラインマーケでのクリニックへの集客・集患方法
  • 集客施策はどのように決めるべきなのか・クリニックの売上アップのために必要不可欠な施策

本記事では再現性の高いクリニック集客方法を解説しているので、クリニック集客に注力したい方はぜひ参考にしてください。

また弊社では、集客施策を、個々別のクリニックの状況に合わせてカスタマイズしてご提案することが可能です。クリニック集客に関して少しでもお悩みの方は、ぜひ弊社へご相談ください。

▷ 今すぐPPPに無料で相談する

クリニックのオンラインでの集客・集患方法

インターネットの急速な普及により、クリニックに限らずどの業界もオンライン集客が重要な役割を担うようになりました。

そんなオンライン集客には多種多様な集客方法が存在しています。しかし、すべての集客方法がクリニックにマッチするというわけではありません。

そこで今回は、Webコンサルティングを提供する弊社が、クリニックのオンライン集客方法を5つご紹介します

  1. SEO対策
  2. ポータルサイト対策
  3. Web広告
  4. MEO対策
  5. SNS

以下、順に実例を交えながら深掘りしていきます。

1.SEO対策

クリニックのSEO対策では、「クリニック 地域名」「症状 地域名」で検索されるときに、自社サイトが上位表示されるような施策を行う必要があります。

具体的な施策として「SEO内部対策(コンテンツ含む)」と「SEO外部対策」を行います。SEO対策は専門的な知識や技術が必要になるのですが、クリニック集客として優れているので、必ず導入しておきたい集客方法です。

なお、「上位表示」されることで、どれくらいのユーザーがページを閲覧してくれるのでしょうか?

以下に、1位から10位までのクリック率(=検索結果を表示したユーザーのうち、実際にページを閲覧するユーザーの率)を集計したデータを示します。

検索順位 クリック率
1位 13.94%
2位 7.52%
3位 4.68%
4位 3.91%
5位 2.98%
6位 2.42%
7位 2.06%
8位 1.78%
9位 1.46%
10位 1.32%

引用元:2021 CTR Research Study: The Largest Ever for SEO

上記のクリック率のデータの通り、1~3位と7~10位とではクリック率に大きな差があります。したがって、SEO対策の合格ラインは「3位以内」であることを覚えておくとよいでしょう。

弊社では、大きく「SEO内部対策」と「SEO外部対策」にわけ、SEO対策支援をクリニックへ提供しており、CVRの高い「美容クリニック 地域名」や「●●(AGA,整形など) クリニック 地域名」を最終的な対策キーワードとして攻略を進めています

※CVR(Conversion Rate):記事を閲覧した人のうち、何割がコンバージョン(商品購入や資料請求などの、Webサイトやアプリ上から獲得できる最終成果)に至るかの割合を示す指標

SEO内部対策とは

SEO内部対策とは、名前の通り「サイト内で行うSEO対策」を意味しています。

具体的には「ソースコードを最適化する」「全ページに2クリック以内で到達できるようにする」といった施策があります。

SEO内部対策には多くのチェックポイントがあります。

弊社では、このようなチェックリストを活用し、SEO内部対策を徹底しています。

SEO内部対策は細かい作業が求められるのですが、SEO対策にとって軸となる部分です。難易度の高い作業ではありますが、必ず設定するようにしましょう。

SEO外部対策とは

SEO外部対策とは、「良質な外部被リンクを獲得するための施策」を意味しています。

以下のように、Googleは「外部被リンクを獲得することはSEO対策において重要な役割である」ことを公表しています。

4.ウェブ上の民主主義は機能する。

Google 検索が機能するのは、どのサイトのコンテンツが重要かを判断するうえで、膨大なユーザーがウェブサイトに張ったリンクを基準としているからです。Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。この手法なら、新しいサイトが増えるたびに情報源と投票数が増えるため、ウェブが拡大するにつれて効果も高まります。また Google では、多くのプログラマーの力の結集によって技術革新が進むオープンソース ソフトウェア開発にも力を入れています。

引用元:「Googleが掲げる10の事実

具体的な被リンク獲得施策としては、下記のようなものがあります。

  • プレリリースを公開する
  • ポータルサイトに登録する
  • 権威性のある協会・団体サイトに登録する

弊社では、様々な手法を活用して良質な外部被リンクを獲得する提案を行なってきました。クラウドファンディングを活用して良質な被リンクを獲得した事例もあります。

そのほか、提携企業と連携してプレスリリースを発信するなど斬新な手法を活用して、外部被リンクの獲得活動を行なったりもしました。私達は正攻法だけでなく、クリエイティブな発想を活用してクライアントの外部被リンクを獲得する提案を行なっております

▷ 今すぐPPPに無料で相談する

2.ポータルサイト対策

クリニックのオンライン集客として「クリニック特化のポータルサイトに掲載する」方法も有効的です。

クリニック特化のポータルサイトなので、クリニックに通いたい読者がサイトに集まります。そのため、ポータルサイトに掲載するだけでクリニックの認知度や売上を向上させることができるのです

ただし、ポータルサイトの掲載料は高額なケースが多いため、ポータルサイトを活用する際は注意が必要です。

以下に、代表的なクリニック向けポータルサイトをご紹介します。

No サイト名 月間想定トラフィック 強み
1 病院ナビ 1,881,386 ・細かい検索機能
・曜日や時間を指定
・難病での検索
2 caloo 1,633,314 ・中立的
・口コミをスタッフが管理
・予約管理システムが導入されている
3 ホスピタ 423,634 ・医師検索機能
・医師が推薦する病院を閲覧できる
・医師からのレビューしか掲載されない
4 エキテン 3,244,718 ・整骨院・整体に強い
・ステマしにくい仕組み
・クーポン機能がある
5 EPARK 1,260,101 ・歯科が強い
・予約システムと連携
・電話対応もしている
6 全国10万件以上のお医者さんガイド 126,284 ・簡単に登録できる
・検索機能が優れている
7 SCUEL 226,182 ・「地域 医院」のキーワードに強い
・予約機能が連携されている
8 マイクリニック 65,822 ・フリーワード検索機能がある
・掲載無料
・EPARKと連携している
9 health 23,357 ・特定のクリニックに強い(SMA(脊髄性筋萎縮症)、ADHD(小児期)、むずむず脚症候群、骨粗しょう症、ピロリ菌、排尿障害)

3.Web広告

「リスティング広告」「アフィリエイト広告」「動画広告」「SNS広告」などがWeb広告の部類に入ります。

Web広告はマス広告(雑誌や新聞等)と比較して、下記の点で優れています。

  • 細かいターゲティング設定
  • 効果測定のしやすさ
  • 少ない費用で始められる

また、美容クリニックではアフィリエイト広告を出稿しているところが多いです。ただし、店舗数が少ないうちはユーザーの予約申込率が低く、メディア側も優遇して紹介しないため、あまり効果が見込めません。

なお、クリニック事業者は特にリスティング広告の活用を検討してみてください。

リスティング広告とは、ユーザーの検索キーワードに連動して、検索結果画面に表示される広告のこと。SNS広告とは違い、表示されただけでは費用は発生せず、クリックされてはじめてオークション制で確定した費用が発生します。

ただし、クリニック業界のリスティング広告出稿キーワードは、クリック単価が高い傾向にあります。そのため、上限予算の設定には気をつけて運用する必要があります。

リスティング広告のオークション制や表示される順位などについての詳細は、以下の公式ページをご覧ください。

参考:掲載結果の指標|Google広告

また、クリニックのリスティング広告運用の成否においては、「地域系キーワード」「症状関連キーワード」「治療法関連キーワード」を網羅的かつ、安価で獲得できているかが肝を握ります。

さらに、「お宝キーワード」と呼ばれる、”競合性が低いながらも、需要や成約率が高い”キーワードをいかに多く見つけられるかも集客への影響が大きいです。

ここのあたりの専門性の高い調査・戦略策定については、結局はプロに依頼した方がコスパ良く対策できる可能性が高いので、広告運用の外注化も十分に検討してみてください。

実力のある大手Webコンサルティング会社について詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

【2022年】実力のある大手Webコンサルティング会社5社をプロが徹底比較!料金の相場や選び方も併せて解説

4.MEO対策

MEOとは「マップエンジン最適化(Map Engine Optimization)」の頭文字を取った略語です。他にもローカルSEOと呼ばれることもあります。

今回の場合、特に「●●(美容/AGA/整形…etc)クリニック 地域名」で検索されるときに、自社のマップ情報がしっかりと検索結果に掲載されるための対策を行なっていく必要があります。

具体的なMEO施策として「Googleビジネスプロフィールの充実化」「口コミ数を​​増やす」「写真を投稿する」などが効果的であると言われています。MEO対策は他の施策と比べ工数が少なめでありながらもクリニック集客に役立つことから、人気の高い集客方法として認知されています。

また、MEO対策はクリニック集客との相性が良いです。

なぜなら、クリニックを検索する方は「クリニック 地域名」で検索する傾向があるから

クリニックは、他の施策と比べ工数が少なめでありながら効果的な施策であるMEO対策をぜひ検討してみてください。

MEO対策に関して少しでも興味がある方は、一度弊社へご相談ください。

▷ 今すぐPPPに無料で相談する

5.SNS

クリニックのオンライン集客であれば「SNS」もおすすめです。

とは言っても、SNSは媒体によって特性やクリニック集客との相性が異なるため、クリニックにあったサービスを選択しましょう。

数あるSNSの中で、クリニック集客に役立つSNSとして「Instagram」「Twitter」「YouTube」を紹介させて頂きます。

Instagram

Instagramは、画像や動画などのビジュアル面が重要視されるSNSです。

実際に、Instagramで影響力のあるクリニックが主に投稿している内容を調査してみた所、「クリニック内の設備環境」「ビフォーアフター」「カウンセリング中の雰囲気」などの投稿が多かったです。

また、知名度のあるクリニックでは投稿だけでなく、ユーザーとのコミュニケーションとして活用しているケースもあります。

■クリニックのInstagram運用例

※弊社が運営しているわけではございません

伸びているアカウントの特徴としては、施術のビフォーアフター、美容ノウハウ、質問回答などの投稿が多い傾向にあります。また、Instagramのストーリ機能を活用して、割引きサービスを提供しているアカウントも見られます。

Twitter

Twitterは140文字以内の文章を投稿できるSNSです。拡散性の高さから集客で利用しているクリニックもあります。

実際に、「〇〇クリニック院長」「〇〇医院のスタッフ」というTwitterアカウントも多く存在しています。

Twitter運用のコツは多岐に渡るためココでは割愛しますが、意外と知られていないポイントを数点ご紹介します。

  • クリニックアカウントを伸ばすのは非常に難しい
    →あくまでイベントやキャンペーン情報の紹介をする用に留めておくべき
  • 伸ばすなら、医師“個人”のアカウント
    →個人のキャラクターが伝わるアカウントを目指しましょう
  • プロフィールになんの専門かを明確に示す
    →フォローする必然性を作りましょう
  • クリニックのアピールばかりせず、患者が気になる情報を第一に運用する
    →自慢話は聞きたくありません
  • 余裕があれば「質問箱」というサービスを利用する
    →ユーザーと直接コミュニケーションが取れるサービスであるため、医師の信頼性を示すために非常に有効です。とある整形外科では、質問箱経由で非常に数多くの集患ができた事例があります。

■クリニックのTwitter運用例

※弊社が運営しているわけではございません

上記のアカウントは「ユーザー目線でかみ砕いた、専門的な内容の解説」「質問箱を活用した質問回答」などで、フォロワーを増やしている例です。

特に美容医療の領域では、医師の信頼性が売上へ大きく影響するので、自発的な発信のみならず、双方向的なコミュニケーションもSNS上でできると良いでしょう。

YouTube

YouTubeは、若年世代を中心に最近では中高年の方まで多く利用されてきています。

SNSの中でも、YouTubeはクリニックと相性が良いので、SNS集客を積極的に取り入れたい事業者はYouTubeを検討してみてください。

実施する際は、ビフォーアフターコンテンツやインフルエンサーの活用など、競合の中でバズっている動画を積極的に取り入れてみましょう。

なお、YouTubeに限らず、SNSを運用する際は医療広告ガイドラインに抵触しないように運用しましょう。具体的には、比較優良広告・誇大広告・体験談・ビフォーアフター画像などの条項には、特に気を配る必要があるでしょう。

インフルエンサー活用の例でいえば、クリニックの潜在顧客にコンテンツを届けることができます。ただし、人気のあるインフルエンサーであれば良いというわけではなく、クリニックのターゲット像を踏まえた人材を選ぶ必要があります。

参考:【ハゲ(薄毛)予防①】薄毛は治る!AGAになる原因は!?【ラファエル】

■クリニックのYouTube運用例

YouTube集客の難易度は高いですが、クリニック集客において高い効果を発揮してくれるので、ぜひ検討してみてください。

クリニックのオフラインでの集客・集患方法

続いては、クリニックのオフライン集客・集患方法について紹介していきます

  1. 看板・街頭広告
  2. チラシ・パンフレット

上記の内容を深掘りしていきます。

看板・街頭広告

看板・街頭広告は、認知度を向上させたいクリニックにおすすめです。なぜなら、看板・街頭広告は一定期間で不特定多数の方に表示されるものだからです。

具体的には、クリニックの店舗を増やすタイミングで看板・街頭広告が活用されるケースが多いです。

看板・街頭広告は初期費用に加えて広告費用を払うケースが多いため、購入する際は長期購入することをおすすめします。また、継続掲載の場合は初期費用が無料になるケースもあるので、短い期間で効果測定を行い、効果が見込めた場合に継続掲載する方法もおすすめです。

チラシ・パンフレット

チラシやパンフレット広告は地域限定かつ高齢者にリーチしたいクリニックにおすすめです。

なぜなら、チラシやパンフレットに触れる方は地域限定かつ高齢者だからです。地域を絞りたいかつ高齢者に格安でリーチしたい場合におすすめの集客方法です。

例えば、新聞折り込みを活用する場合は費用をかなり抑えて、かつ地域全体にチラシやパンフレットを配布することができます。もっと費用を抑えたい方はポスティング、つまり自分一人で手配りする方法もあります。

とはいえ、近年チラシ・パンフレット広告の集客方法はあまり効果的ではありません。そもそもチラシ・パンフレットを見る人が減っているからです。ポスティングに関しては、禁止されている個人宅やマンションも出てきました。

したがって、チラシ・パンフレット広告はあくまで集客の補助的施策として活用することをおすすめします。

クリニックにおける集客施策の決め方は?

ここまでで、さまざまなクリニック集客方法を紹介してきました。正直、どの集客方法を実践すればよいのか分からないと思っている方も少なくないはずです。

結論から言うと、集客方法の施策は上手くいっている競合を徹底的に真似しましょう。

理由としては、クリニックで扱う商品での差別化は難しいからです。つまり、売上を上げるためには集客を上手く施さなくてはいけないのです。

例えば、薄毛治療などの場合、扱っている商品には差はありません。しかし、稼ぐクリニックは集客方法で上手く差別化を図り、収益を高めています。

これから、クリニックの集客を本格化していく事業者は、競合が行っている集客方法を全て洗い出しPDCAを回してみてください。

ベンチマークとなる競合を決めるには、一例として「SEOにおいて、ビッグワードで上位を維持できている」「長期間で広告露出している」などの見分け方がありますが、マーケティング施策状況を総合的に評価する必要があります。

  • どこがうまくいっているかを判断する
  • その施策を自分たちのクリニックの施策に適切に落とし込む
  • 成果を計測 / 評価し改善案を洗い出す
  • ないしは、施策の継続 / 中断を判断する

といったことはコンサルタントの価値が発揮される部分ですので、一度プロへの相談をしてみるのも良いでしょう。

なお、クリニックの集客支援における、弊社の実績を3つ紹介します。

※ここでは定量的で分かりやすい実績として、SEO実績のみ掲載しますので、詳細については問い合わせフォームよりご連絡ください。

実績①:AGAクリニックのご支援

「地域名 AGA」で、
・1ヶ月程度で検索圏外から20位以内
・4,5ヶ月程度で10位以内
・1年程度で3位以内
といったように順位を獲得

実績②:美容クリニックのご支援

対策2ヶ月で検索Vol50,000のビッグワード1位を獲得

実績③:美容クリニックのご支援

対策7ヶ月でサイトのPV数を

1,983/月→469,060/月 へと伸ばす

まとめ:入念な競合調査と見落としがちなオペレーション改善が集患のカギ

この記事では「クリニック集客のノウハウ」について詳しく解説しました。

クリニック集客は多岐にわたるので、ご自身にマッチした集客施策を選択しましょう。

本記事をまとめると下記の通りです。

本記事のまとめ
  • クリニックのオンライン集客では「SEO対策」「ポータルサイト対策」「Web広告」「MEO対策」「SNS」の方法が中心である
  • クリニックのオフライン集客は「看板・街頭広告」の方法がある
  • 集客施策を出す際は、徹底的に競合をベンチマークしていくと良い
  • KPI設定の際は、KPIの数をできる限り絞るようにする
  • クリニックの売上をより向上させたい場合は、意外と見落とされる「カウンセラーの教育」「予約オペレーション」を改善すると良い

少しでもクリニック集客にお悩みの方は、ぜひ一度弊社にご相談ください。クリニック一人一人にマッチした集客方法を提案させていただきます。

▷ 今すぐPPPに無料で相談する

Related
Popular